ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

産後の便秘

産後の便秘

こんなことでお悩みではありませんか?

・3日くらいは平気でトイレが出ない

・水分も摂っているのに便秘だ

・ご飯を食べても便意がこない

・運動もしているけど便秘だ

・漢方薬を飲んでいるけど改善しない

5つの原因

1.出産のダメージによる骨盤の緩み

産後しばらくは、出産時の物理的なダメージが残っているものです。出産にかかる時間、分娩方法などでも骨盤へのダメージの大きさは変わります。このダメージが大きければ、骨盤はより緩んだ状態になります。骨盤が緩むと中に入っている腸が引っ張られ硬くなり便秘になりやすくなります。

2.産後特有の習慣

産後の行動はほとんどが前かがみです。実は背骨などは体が後ろに反ることで安定します。その逆の前にかがむと緩まり不安定になります。抱っこやおむつ替え、洗い物、バギーを押す動作など、ほとんどが前かがみで腸などの内臓を圧迫します。

3.腹圧の減少

骨盤が緩むと正常な腹圧(お腹の中の圧力)がかからなくなります。適度な圧があると筋肉も反応して収縮しやすくなります。

4.ホルモンの影響

妊娠中はリラキシンというホルモンが骨盤などの骨と骨とのつなぎ目を緩めて出産をスムーズにします。このホルモンは全身に作用するので、全身のつなぎ目が緩まります。結果的に全身を支える支柱である骨盤や背骨も緩んでしまいます。

5.その他(骨盤が緩んだ期間が長いなど)

骨盤が緩んだ期間が長いと習慣的に緩んでいるので、骨盤を整えることでブレーキになります。

解決法

1.骨盤矯正をして骨盤の緩みを整える

やはり骨盤が緩んでいては脂肪がつきやすいものです。

2.育児などの動作を整える

授乳の方法、歩き方、寝方、添い寝の方法、カバンの持ち方、キッチンでの立ち方など普段の生活で何気ない動作でも気を付けると改善されます。また、睡眠時間も7時間までにすることで、骨盤の開きを防ぐことができます。

3.筋力トレーニングをする

自宅でピラティス・ヨガなどで骨盤底筋をトレーニングしましょう。

4.疲労を取る

筋肉のコンディションを良くします。自宅でのセルフケアをお伝えします。

5.栄養を摂る

腸内環境が良くなるような食べ物を摂る。例えば、大根・人参などの根菜類。そして、キムチ・漬物などの発酵食品が良いです。

ごう整骨院六本松院の産後骨盤矯正

ボキボキしない、ストレッチをメインとした手のひら施術。

優しくダイナミックに。

キッズルーム・バウンサー完備しています。

お気軽にご予約・ご相談ください。

【当院の特徴】

産後の症状に対する治療と、腰痛治療に特化した整骨院です。

今話題のEMS機器も導入しておりますので、

患者様のお悩みを解決できます。

また整形外科と医療連携を行っていますので、

当院で治療不可と判断した場合は、

速やかに医療提携院へご紹介いたします。

当院は的確な判断・的確な治療をモットーに、

日々患者様と向き合っています。

地域密着型の整骨院として、

一人でも多くの方のお悩みを解決することを

モットーに励んで参ります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

近隣の皆様、お気軽にご来院下さい。

★地下鉄、六本松駅より徒歩7分

ごう整骨院六本松院

〒810-0032 福岡市中央区輝国2-13-1

TEL:092-707-3244

【施術受付時間(予約優先制)】

平日 9:00~21:00

※第3土曜日は午前のみ

休診日 日曜・祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0811.com

【メールアドレス】

info@go0811.com

当院が行っているSNS

【Facebook】

https://www.facebook.com/gou0811

【LINE@】

@rvu6011a

​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事

​タグクラウド