ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

肩周辺でよくみられる症状について

こんにちはごう整骨院六本松院です。


今日は肩周辺でよくみられる症状についてお伝えしていきます。






肩の周辺で多い症状

●肩こり

●腱板損傷・断裂

●石灰性沈着腱板炎

●胸郭出口症候群

●肩峰下インピンジメント症候群

●四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

また、このほかにも内臓系の疾患などでも痛みが出る場合があります。


肩こり

これは、ほとんどの方が知っていると思いますので詳しくは解説をしませんが。肩周り首周りから背中にかけて

筋肉が張ったり、硬くなったり、痛みが出たりする症状です。

酷い場合には頭痛、めまい、吐き気などを引き起こす場合もあります。

原因としては姿勢の歪みや猫背などの姿勢で長時間スマホやパソコン作業などをすることで起こることが多いです。


腱板断裂・損傷

腱板は加齢により変性をしたり、腱板脆弱部に繰り返し負担がかかることにより変性が進行し断裂することがあります。

肩を打ったり、手や肘をついて腕が突き上げられ肩に衝突することで損傷をしたり断裂したりすることがあります。

また、野球などのオーバーハンドスポーツにおける使いすぎなどでも損傷します。

さらに年齢を重ねることにより、繰り返し使うことですり減って損傷する場合もあります。



石灰性沈着腱板炎

40代~60代の女性に多く見られる症状で、夜中に痛みが突然起こることから症状が始まることが多くみられます。

腱板内に沈着したリン酸カルシウムの結晶によって急性の炎症が生じ、痛みや動きの制限が出ます。

四十肩・五十肩の症状と似ていますが、レントゲンにて石灰沈着が確認することができます。


胸郭出口症候群

手を挙げたときなどに肩や腕に痺れが出たり、肩甲骨まわりに痛みが出たりする症状です。

なで肩の人や重い荷物などを常に運んだりするような仕事をしている方に多くみられます。

鎖骨やその周囲で腕や肩甲骨まわりに行く血管や神経を圧迫して起こる痺れや痛みです。

胸郭出口症候群には絞扼されている場所によりいくつかの種類に分けられます。



肩峰下インピンジメント症候群

腱板ならびに肩峰下滑液包が肩の中で繰り返し衝突を起こすことで腱板の炎症、変性、肩峰下滑液包炎を生じる症状です。

腱板に過剰な負担が加わり続けることにより最終的には断裂に至ります。

初期は安静時に痛みを伴わない場合が多く、腕を上げる際に痛みが生じることが多いです。

だんだんと腕を上げる際に引っ掛かり感が出たり、夜間痛が出たりしてきます。

また、腕を上げる際に60~120°あたりで痛みを伴うことが多く、それ以上の角度で動かすと比較的楽に上げることができます。


四十肩・五十肩

一般的には40代ぐらいから症状が出る場合が多く、特に原因がはっきりとしないものを四十肩や五十肩、肩関節周囲炎などと呼びます。

最初は炎症が最も強い時期が続き、安静にしていても痛みが出ます。また、夜寝ていても痛みが続くため夜中目が覚めたりすることもあります。

洋服の着脱などでの痛みが強くでます。

痛みが落ち着いてくると動かさないと痛まないので比較的楽にはなりますが、腕をあげようとするとまだ痛みが出たりはします。

夜中の痛みもズキズキずっとする痛みは落ち着きますが、寝がえりを打つ際などに痛みが出る事はまだあるので目が覚めたりはします。

この時期ぐらいから温めてくると痛みはだんだんと落ち着く場合が多くなってきます。

さらに痛みが減ってきて夜間痛なども減ってはきますが、肩を動かすトレーニングをしていなければ肩の可動域がかなり狭くなり、

腕が全然あがらないなどといったことにつながっていきます。

血流をよくして可動域が広がるようなストレッチやトレーニングをしていかなければなりません。


最後に

よく見られる肩回りの症状をいくつかご紹介いたしましたが、心当たりがある方は早めに診察を受けることをオススメします。

単純な肩こりだとかだるさだといって放置しておくと実は別の症状だったり、内臓系の疾患からくる痛みだったりする場合もございますので、

痛みやだるさが長く続く場合はあまり軽くみない方がいいです。

肩こりにしてもマッサージなどで一時的に軽減はするものの、根本的な原因を改善させなければしばらくするとまた症状は再発するので

早めに当院にお越しいただければ根本原因を改善していけます。




ごう整骨院グループは根本治癒の治療をしております。



症状(痛み)にフォーカスするのではなく、症状(痛み)の根本的な原因(当院では身体の歪み)を治療することで、

痛みの出にくい身体づくりを目指しております。

そのため姿勢を正すためには時間はかかります。

治療期間に関しては、患者様のお身体の状態を診て判断しています。

そのため2、3か月で治る方もいれば、6か月かかる方もいます。もちろん1年かかる方もいます!

そのため当院ではインフォームドコンセントを行い、きちんと患者様が

納得されてから治療に取り掛かります。

患者様が納得されないで治療しても、治療効果が半減しますし、きちんと治療計画通りに来院されなくなります。

また未だに整骨院で全ての症状が保険で対応してもらえると思っている方もいらっしゃいます。整骨院では健康保

険を使用できる場合と、使用できない場合とがあります。

当院は健康保険を使える場合、使えない場合をきちんと分けて患者様に対応しています。

患者様に対して誠実に対応することで、患者様との信頼関係を築くことができると思いますし、根本治癒の近道だ

と信じています!

患者様が笑顔で日々の生活を送ってもらうために、当院は最後まで諦めずに患者様と向き合って参ります。



★地下鉄、六本松駅より徒歩7分

ごう整骨院六本松院

〒810-0032 福岡市中央区輝国2-13-1

TEL:092-707-3244

【施術受付時間(予約優先制)】

平日 9:00~21:00

※第3土曜日は午前のみ

休診日 日曜・祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0811.com

【メールアドレス】

info@go0811.com

当院が行っているSNS

【Facebook】

https://www.facebook.com/gou0811

【LINE@】

@rvu6011a


​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事