ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

産後の腱鞘炎

産後の腱鞘炎

こんなことでお悩みありませんか?

・抱っこしようとしたら手首が痛い

・ズボンを履くときに手首が痛い

・手首が痛くて授乳が辛い

・朝起きるとすでに手首が痛い

5つの原因

1.悪い体の使い方

これは特に脇を開けて使うことです。鍋を持つ時やお子様を抱っこする時、洗濯物のカゴを持つ時など全てです。脇を締めて使うようにしましょう。

2.ホルモンの影響

妊娠中はリラキシンというホルモンが、骨盤などの骨と骨とのつなぎ目を緩めて出産をスムーズにします。このホルモンは全身に作用するので、全身のつなぎ目が緩まります。結果的に全身を支える支柱である骨盤や背骨も緩みます。手首も緩むので腱鞘炎になりやすくなります。

3.解剖学的な弱さ

腱鞘炎になる筋肉は尖った骨の上を動きます。ですので、擦れることによりとても痛みます。触っても痛くなるとかなり炎症はきついです。

4.産後特有の負担

安静にしていれば回復するものも、育児に追われるので安静にしていられないものが育児の現状です。傷が治りにくく、重症化しやすいのも産後特有の悪い条件です。

5.ストレスなど

ストレスは交感神経が高まるので筋肉を硬くします。結果、筋肉の状態が悪くなります。育児のストレスはほどほどに解消していくことがオススメです。

解決法

1.骨盤矯正をして骨盤の緩みや手首の緩みを整える

骨盤や手首が緩んでいては腱鞘炎になりやすいものです。

2.育児などの動作を整える

寝方、イスの座り方、歩く方などお伝えします。また、睡眠時間も7時間までにすることで、骨盤の開きを防ぐことができます。

3.疲労を取る

筋肉のコンディションを良くします。自宅でのセルフケア、ストレッチなどお伝えします。

4.安静時間を作る

育児していると100%安静にするのは難しいです。ただ少しでも休める時間を作る。そうすることを意識するだけでも産後の腱鞘炎は回復しやすくなります。

5.栄養を加える

傷が回復しやすいビタミンCやビタミンEを摂るようにする。

6.アイシングをする

炎症を起こして傷んでいる腱鞘炎の場所をアイシングする。

7.テーピングをする

手首用のテーピングやサポーターを巻いて生活する。

ごう整骨院六本松院の産後骨盤矯正

ボキボキしない、ストレッチをメインとした手のひら施術。

優しくダイナミックに。

キッズルーム・バウンサー完備しています。

お気軽にご予約・ご相談ください。

【当院の特徴】

産後の症状に対する治療と、腰痛治療に特化した整骨院です。

今話題のEMS機器も導入しておりますので、

患者様のお悩みを解決できます。

また整形外科と医療連携を行っていますので、

当院で治療不可と判断した場合は、

速やかに医療提携院へご紹介いたします。

当院は的確な判断・的確な治療をモットーに、

日々患者様と向き合っています。

地域密着型の整骨院として、

一人でも多くの方のお悩みを解決することを

モットーに励んで参ります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

近隣の皆様、お気軽にご来院下さい。

★地下鉄、六本松駅より徒歩7分

ごう整骨院六本松院

〒810-0032 福岡市中央区輝国2-13-1

TEL:092-707-3244

【施術受付時間(予約優先制)】

平日 9:00~21:00

※第3土曜日は午前のみ

休診日 日曜・祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0811.com

【メールアドレス】

info@go0811.com

当院が行っているSNS

【Facebook】

https://www.facebook.com/gou0811

【LINE@】

@rvu6011

​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事

​タグクラウド