ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

腰椎分離症・すべり症



今日は腰椎分離症・すべり症についてお伝えしていきいたいと思います。





腰椎分離症・すべり症とは?

腰椎(腰の骨)の椎弓と呼ばれる部分に亀裂が入り、その連続性、連動性が断たれた状態のことを腰椎分離症と言います。

脊椎(背骨)を構成している骨は簡単にずれるものではありませんが、椎間関節や椎間板が変性するなどにより、腰椎がすべってズレた状態に

なることをすべり症と言います。また、分離症に続発して腰椎がズレた状態になることを分離すべり症と言います。






分離症・すべり症になる原因

分離症になる原因は身体の柔らかい中学生ごろに腰の回旋(捻る動き)を頻繁に行うことで腰椎の後方部分に

亀裂が入り起こります。一度の大きな動作で起こったりするよりも過度な運動を繰り返して起こります。

また、若いころにスポーツをしていなかった方でもごくまれに分離症になっている場合もあります。

すべり症になる原因は一つは分離症になってしまい、その後治療を行わずにそのまま繰り返して過度な運動や負担をかけ続けることにより

腰椎がずれてしまい、分離すべり症に移行してしまいます。

また、その他にも分離症になっていなくても年齢を重ねていくことで椎間関節の軟骨部分がすり減って弱っていくとともに負担がかかってくることで

腰椎がズレてすべり症になることもあります。


分離症やすべり症ではどんな症状が出るの?

若いころに運動をしていて起こる分離症では、椎弓部分に亀裂が入り分離した瞬間に腰に痛みを伴う事があります。

しかし、分離症になっていたとしてもただの腰痛のように思ってしまい、そのまま適切な治療をせずに放っておく場合があります。

そのまま放っておくと、痛みは慢性化してしまいさらに悪化した場合は腰の痛み以外にもお尻や太もも周りに痛みが出たり、

下肢に痺れがでたりなどの症状もでてきたりします。


予防と治療

急性で痛みが出た場合はコルセットなどの固定具を装着し、できるだけ安静にしてください。

また、分離症になっていて慢性的に腰痛が出る方はお腹や腰、背中の筋肉の強化をしていく必要があります。

さらに炎症が酷く痛みが出続ける場合は炎症を早く抑える為に、冷やしたり超音波を当てていくことが必要になります。

歪んだ姿勢でいることも腰部に負担がかかる原因になり、痛みが出やすくなる要因にもなりますので分離症がある方は

負担を減らすためにも骨盤を整えたり、姿勢を正しくすることが大事になります。

また、痛みが過度に出てきて痺れなども出続け日常生活に支障をきたすことになってくれば手術などで治療することもあります。

そうならない為にも早めの診断、早めの対処が必要になります。


負担を減らすために

腰にかかる負担を減らすためにはお腹や骨盤周りのインナーマッスルを鍛えてあげる必要があります。

インナーマッスルを鍛えることで骨盤が安定しやすくなり下肢と体幹の連動がしやすくなります。

インナーマッスルを鍛えるトレーニングをご紹介しておきます。


プランク:プランクとは体幹トレーニングの基本メニューの一つで、plank=板の様に腹筋に力を入れて、体をまっすぐに伸ばした姿勢をつくることを言います。この状態を30秒間キープするだけでも体幹の筋肉を使っているのでかなりの疲労になります。








まとめ

分離症は若いころ過度な運動による疲労骨折で起こるもので分離したからといってすぐに痛みが出ない場合もあります。

中学生ぐらいで運動をしていて、腰が痛くなり始めていたら少し気を付けましょう。

また、その痛みが徐々に強くなったり、あまりにも痛みが続くようでしたら早めに病院にいってレントゲンなどの検査を受けていただくことをお勧めします。

また、若いころそういう症状があっても放置していたり、痛みが出てなかった場合でも大人になって腰痛が慢性的に起こるようでしたら

一度検査を受けてみてもいいと思います。

慢性的に腰痛がある方はどうしても負担がかかっているために痛みが出続けているので、分離症でなかったとしても

正しい姿勢にすることや、身体の歪みを取って負担を減らすように心がけましょう。



ごう整骨院グループは根本治癒の治療をしております。



症状(痛み)にフォーカスするのではなく、症状(痛み)の根本的な原因(当院では身体の歪み)を治療することで、

痛みの出にくい身体づくりを目指しております。

そのため姿勢を正すためには時間はかかります。

治療期間に関しては、患者様のお身体の状態を診て判断しています。

そのため2、3か月で治る方もいれば、6か月かかる方もいます。もちろん1年かかる方もいます!

そのため当院ではインフォームドコンセントを行い、きちんと患者様が

納得されてから治療に取り掛かります。

患者様が納得されないで治療しても、治療効果が半減しますし、きちんと治療計画通りに来院されなくなります。

また未だに整骨院で全ての症状が保険で対応してもらえると思っている方もいらっしゃいます。整骨院では健康保

険を使用できる場合と、使用できない場合とがあります。

当院は健康保険を使える場合、使えない場合をきちんと分けて患者様に対応しています。

患者様に対して誠実に対応することで、患者様との信頼関係を築くことができると思いますし、根本治癒の近道だ

と信じています!

患者様が笑顔で日々の生活を送ってもらうために、当院は最後まで諦めずに患者様と向き合って参ります。



★地下鉄、六本松駅より徒歩7分

ごう整骨院六本松院

〒810-0032 福岡市中央区輝国2-13-1

TEL:092-707-3244

【施術受付時間(予約優先制)】

平日 9:00~21:00

※第3土曜日は午前のみ

休診日 日曜・祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0811.com

【メールアドレス】

info@go0811.com

当院が行っているSNS

【Facebook】

https://www.facebook.com/gou0811

【LINE@】

@rvu6011a


​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事

​タグクラウド